The Vanguard Jazz Orchestra - VJO

The Vanguard Jazz Orchestra(ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ。略称VJO)。
「Village Vanguard」でNYで50年以上演奏し続ける、世界が憧れる名門ビッグ・バンドです。

photo : Jimmy Katz Photography

ヴァンガード・ジャズ・オーケストラは、ニューヨークの老舗ジャズクラブ「Village Vanguard」でをホームとするジャズ・バンドです。ジャズ界の巨匠 Thad Jones と Mel Lewis によって「Thad Jones and Mel Lewis Jazz Orchestra」として1966年に創設。以来、毎週月曜日の演奏を50年以上に渡って続けてきました。伝統を守るために守りに入ることなく、革新的な進化を繰り返すことで常に世界のトップであり続け、今でもグラミー賞などの世界的な賞も受賞しつづけています。

2009年には20年ぶりの来日ツアーを行い、4日間8公演の全公演をソールドアウトさせると言う快挙を遂げたことで、業界を驚かせました。アメリカ国内をはじめ、イタリア、オランダ、ドイツなどヨーロッパや、台湾、日本などアジアでのツアーや教育活動を精力的に行うほか、制作活動にも熱心で、2009年にはグラミー賞を受賞。2010年以降のビルボードライブ大阪・東京ツアーでも毎年たくさんのファンを集め、日本の音楽ファンを熱狂させ続けています。

宮嶋みぎわは2009年の日本ツアーを成功に導いた立役者で、2010年にはその功績をかわれてバンドの日本代理人に就任。同年半ばより、副プロデューサーにも就任しました。この歴史あるジャズバンドにチームメイトとして参加した初めての、また現在も参加中である唯一の日本人で、2016年にバンドの50周年を記念して発売された書籍の中にもその功績が記録されています。

VJOに関するご質問はこちらのemailまで。

miggy@vanguardjazzorchestra.com

History

Thad Jones-Mel Lewis Jazz Orchestraとして立ち上げ
 Count Basie Orchestraなどで活躍した黒人トランペッター、サド・ジョーンズとロサンゼルスを拠点とする「Stan Kenton Big Band」で、活躍していた白人ドラマー、メル・ルイスの2人がリーダーとなり、1966年、ニューヨークの強者プレイヤーを集めて発足したビッグバンド。Thad Jonesによる美しいメロディと独創的なアレンジ、卓越した楽曲の数々が驚きを呼んだだけでなく、「黒人/白人」「ニューヨーク(東海岸)/ロサンゼルス(西海岸)」という、異なるバックグラウンドが融合したサウンドの斬新さは、当時の常識を覆すもので、一躍ビッグバンドの最高峰として認知されるようになりました。

Mel Lewis Jazz Orchestra時代
 1978年にサド・ジョーンズが、海外移住したことにより、「Mel Lewis Jazz Orchestra」としての活動が始まりました。サド・メル時代の名曲の数々に加えて、Bob Brookmeyer、Jim McNeely といった作編曲家による、さらに新鮮で、独創的な曲を多く演奏するようになった。楽曲は、さらに複雑で前衛的になったのですが、難解なのになぜかスィンギンでメロディアスというバンド・カラーは、しっかり踏襲され、その高度の芸術性が、サドメル時代に引き続き、高い評価を呼ぶこととなりました。

The Vanguard Jazz Orchestraになってから現在まで
 1990年にMel Lewisが亡くなった後は、サド・メル時代から活躍するトロンボーンのJohn Mosca、Douglas Purvianceらを中心に、引き続き現在まで「The Vanguard Jazz Orchestra」という名称で活動を続けており、ニューヨークの名門ライブハウス「The Village Vanguard」では、今でも毎週月曜日の夜に彼らの演奏を見ることができます。
 
2014年 グラミー賞ノミネート 「OverTime - Music of Bob Brookmeyer」
2011年 グラミー賞ノミネート 「Forever Lasting - Live in Tokyo」
2009年 グラミー賞受賞・2部門ノミネート「Monday Night Live At The Village Vanguard」
2005年 グラミー賞2部門 ノミネート「Up From The Skies, Music of Jim McNeely」
2004年 グラミー賞受賞「The Way, Music of Slide Hampton 」
2003年 グラミー賞ノミネート「Can I Persuade You」
2001年 AFIM賞受賞「Thad Jones Legacy」
1999年 グラミー賞ノミネート「Lickety Splits, Music of Jim McNeely」
1998年 「To You - Tribute to Mel Lewis」

 

VJO + Migiwa Miyajima

 宮嶋みぎわは、「The Vanguard Jazz Orchestra(以下、VJO)」の日本窓口(代理人)と副プロデューサーをしています。

 熱心にVJOの活動を支援していたことがご縁で、2010年より宮嶋みぎわは、VJOのJapanese Coordinator(日本窓口)となりました。彼らの代表として日本国内で行う仕事などのとりまとめを行っております。2011年からは、VJOが制作するCDのプロデュースやジャケット制作の中心人物としても働いてます。

 VJOには、1966年から積み重ねた集団運営のノウハウや、芸術文化を守り・育てるためのアイディアがたくさん蓄積されています。またNPO法人として、バンド運営をし、アメリカ国内や世界各国で、ジャズ教育を熱心に行うエデュケーター(教育者)集団でもあります。日本でも、2010年よりビッグバンドクリニックが毎年開催されています。

 彼らの面白さに日本のメディアや法人からも注目を浴び、2010年にリーダーのひとりダグラス・パーヴァイアンスが、日本でトークショー公演を開催(2010年10月22日東京国際フォーラムにて。主催:ビルボードライブ東京)、2011年には、トークショーを元に単行本『前に進む力』(ダグラス・パーヴァイアンス&跡部徹共著、ディスカヴァー21)が出版されました。雑誌等にも数々の記事を掲載していただきました。

 日本とは、2009年まで20年間に渡ってほとんど交流がなかったVJOですが、ここ数年でぐっと日本での注目度もアップしています。良い音楽を届けられるプロフェッショナル音楽家集団でありながら、温かい家族のような、すてきな団体でもある彼らに、これからもご注目いただければ幸いです。
 
The Vanguard Jazz Orchestra と宮嶋みぎわの実績
 
2017年春 Vanguard Jazz Orchestra監修サド・ジョーンズスコア発売プロジェクトに参加
2017年2月 VJOの敎育プログラム担当者としてシカゴで行われた学生向けジャズフェスティバル「Elmhurst College Jazz Festival」に随行
2016年10月 8度目の日本ツアーをプロデュース。ビルボードライブ大阪&東京に加え、ヤマハジャズ・フェスティバル(静岡県浜松市)に参加。
2016年2月 VJO50周年アニバーサリー・ウィーク(NYで実施)を企画運営
2015年秋 7度目の日本ツアー(ビルボードライブ大阪&東京)をプロデュース
2014年秋 6度目の日本ツアー(ビルボードライブ大阪&東京)をプロデュース
2014年6-8月 アルバム「OverTime - Music of Bob Brookmeyer」に、副プロデューサー・デザイン面のクリエイティブディレクターとして参加
2013年7月 5度目の日本ツアーにピアニストとして参加(7月24日ビルボードライブ大阪、7月25日ビルボードライブ東京、7月27日青森八戸ジャズフェスティバル参加)、東京+青森での計5バンドとのビッグバンドワークショップをプロデュース
2012年11月 4度目の日本ツアー(11月15日ビルボードライブ大阪、11月16-18日ビルボードライブ東京)と、ビッグバンドワークショップをプロデュース
2011年12月 3度目の日本ツアー(12月14-17日ビルボードライブ東京、12月18日ビルボードライブ大阪)と、ビッグバンドワークショップをプロデュース
2011年6月 Douglas Purviace・跡部徹共著『前に進む力』(Discover21)にコーディネーターとして参加。(VJO双頭リーダーの一人Douglas Purvianceのトークショーから生まれた本)
2011年6月 アルバム「Forever Lasting - Live in Tokyo」(グラミー賞のノミネート作品)に副プロデューサー・アートディレクター・ゲストピアニストとして参加
2010年11月 2度目の日本ツアーをプロデュース(11月26日ビルボードライブ大阪・11月27-28日ビルボードライブ東京)
2010年11月 日本ツアー中に実施されたVJOによるビッグバンドワークショップ(日本初の開催)をプロデュース
2010年10月 VJO双頭リーダーの一人Douglas Purvianceのトークショーをプロデュース
2010年1月 VJOの日本代理人(Japanese Coordinatorに就任)
2009年12月 VJOとして初、メル・ルイスバンド時代から数えても20年ぶりの日本ツアー(ブルーノート東京)をプロデュース。4日間8公演全てが、業界騒然の完全ソールドアウトとなり、話題を呼ぶ

 

よくいただく質問とその回答:

VJOへの日本語でのお問い合わせは、こちらから、お気軽にどうぞ。取材等のご依頼もお受けしております。

The Vanguard Jazz Orchestra Japanese Coordinator
宮嶋みぎわ